秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR西日本の豪華寝台列車「瑞風」 城崎温泉駅に初の停車

<<   作成日時 : 2017/06/18 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
17日から運行が始まったJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が、兵庫県豊岡市のJR城崎温泉駅に初めて停車し、地元の人たちが乗客を歓迎しました。

「トワイライトエクスプレス瑞風」は関西と中国地方を周遊する豪華寝台列車で、17日午前10時半前に一番列車がJR大阪駅を出発し、午後2時すぎ豊岡市のJR城崎温泉駅に初めて到着しました。

駅前には地元の人たちおよそ700人が集まって歓迎のセレモニーが開かれ、特別に設けられたゲートから乗客が降り立つと、和太鼓の演奏などで出迎えました。

このあと、乗客らは「瑞風」と同じ色に塗られた専用のバスに乗り込み、柳並木に木造の旅館や商店が建ち並ぶ温泉街の風情を楽しんでいました。また、駅では「瑞風」の乗客限定のサービスも用意され、乗客たちはふだん一般公開されていない老舗旅館の建物の見学ツアーや、城崎温泉にだけ伝わるとされる伝統工芸「麦わら細工」の体験教室などを楽しみました。

瑞風を迎えた地元の人たちは「すごく豪華な列車で、多くの人が来てくれてうれしい」とか、「これをきっかけに城崎がもっとにぎわってほしい」などと話していました。

今回は1泊2日で山口県の下関駅を目指すコースで、17日は午後5時前に城崎温泉駅を出発し、18日午後に下関に到着するということです。


乗客が伝統工芸の体験教室に参加

「瑞風」の乗客たちは城崎温泉だけに伝わると言われる伝統工芸の「麦わら細工」の体験教室に参加しました。

「麦わら細工」は色とりどりに染められた麦わらを裂いて、木箱や台に貼り付けて模様を描く江戸時代からの伝統工芸で、「瑞風」の客室にも木箱が置かれています。

17日は温泉街にある旅館の一室で体験教室が開かれ、「瑞風」の乗客たちは風鈴やきり箱に麦わらを貼り付ける体験を楽しんだということです。

体験教室のために部屋を貸した旅館「三木屋」の片岡大介さんは「地域の伝統工芸を楽しんでもらえたと思います。今後も城崎の伝統や文化を体験してもらえるようなおもてなしをしていきたいです」と話していました。

▲<NHKニュース>▲より   ▼<YouTube>▼より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PVアクセスランキング にほんブログ村
JR西日本の豪華寝台列車「瑞風」 城崎温泉駅に初の停車 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる