秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 加計問題 “農水省で見つかった文書は愛媛県作成” と県知事

<<   作成日時 : 2018/04/13 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
加計学園の獣医学部新設をめぐり、愛媛県の担当者が3年前に官邸を訪問した際のやり取りを記したとする文書が農林水産省から新たに見つかったことについて、愛媛県の中村知事は記者団の取材に対し、県が作成した文書だと述べました。

この中で、中村知事は、農林水産省が公表した文書を県が取り寄せて比較したとしたうえで、「今回の文書は日付が『4月3日』となっているが、担当者に確認したところ、これは官邸での会議の直後に作られたものだった。先日報道された文書は日付が『4月13日』となっているが、それは私への報告の直前に職員が用意した文書だということだった」と説明しました。

そして、「会議直後のもので、誤字や修正はあるが、内容的には全く変わっておらず、同じものだと思う」と述べ、前回の文書と同じく、愛媛県の担当者が作成したものであることを認めました。

さらに、愛媛県の関係者が国会に招致を求められた場合は「職員に精神的なプレッシャーをかけるのはどうかと思うので、私が職員から話を聞いて、すべて矢面に立つ。記者会見の中身しか言えないが、いつでも説明できる」と述べ、知事みずからが応じる考えを示しました。

加計学園「ノーコメント」

加計学園は、県の職員らと官邸を訪問したかについては「ノーコメントです」と話したうえで、「学部の設置認可までの一連の手続きはすべて適正に行われたと認識しています」とコメントしています。

異なる言い分

平成27年4月2日に愛媛県などが官邸を訪問し、当時、総理大臣秘書官だった柳瀬経済産業審議官と面会したかどうかについては、愛媛県と柳瀬氏で言い分が異なっています。

愛媛県と今治市はこの日に官邸を訪問したことは知事と市長も認めています。さらに、文書としても、今回の愛媛県のものと今治市の出張報告書に訪問の内容が記されていました。

一方の柳瀬氏は「記憶のかぎり、お会いしたことがない」として、面会の事実を認めていません。

安倍総理大臣は「柳瀬元秘書官の発言を元上司として信頼している」としています。文書についても「コメントは差し控えたい」としています。

こうした中、13日、農林水産省が愛媛県が作成したものと同じ内容が記された文書が省内から見つかったと公表しました。

平成27年5月に獣医師法などを担当する部局に異動した職員が、前任者から引き継いで、そのまま保管していたということです。

愛媛県の中村知事は今月10日の会見で、国家戦略特区制度による獣医学部新設について説明するため、文部科学省、農林水産省、そして内閣府に資料として配付した可能性があると述べました。政府はこれらの省に文書について調査するよう指示しました。

文部科学省や内閣府からは今のところ文書は見つかっていませんが、農林水産省から実際に文書が見つかりました。

中村知事も「誤字や修正はあるが、内容的には全く変わっておらず、同じものだと思う」と述べ、この文書も県の担当者が作成したものであることを認めました。

このように第三者の立場にあった農林水産省から文書が見つかったことで、これまでの県の主張が裏付けられる結果となりました。

<NHKニュース>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加計問題 “農水省で見つかった文書は愛媛県作成” と県知事 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる