秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シリアへ軍事攻撃に踏み切った」トランプ大統領

<<   作成日時 : 2018/04/14 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
アメリカのトランプ大統領は、内戦が続くシリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃によって多数の死傷者が出たことを受けてイギリスやフランスとともにアサド政権の化学兵器の関連施設に対して軍事攻撃に踏み切った、と発表しました。
内戦が続くシリアの東グータ地区では今月7日、呼吸困難に陥る人が相次ぎ、多数の死傷者が出ていて、反政府勢力はアサド政権が化学兵器を使ったと主張しています。

これについてアメリカのトランプ大統領は日本時間の14日午前10時すぎ、国民に向けて声明を発表し、対抗措置としてアサド政権の化学兵器の関連施設に対してアメリカ軍に軍事攻撃に踏み切るよう命じたと明らかにしました。

そのうえで軍事攻撃は現在進行中で、イギリスとフランスも作戦に加わっていると述べました。

化学兵器の使用が疑われる攻撃についてアサド政権側は否定していますが、トランプ大統領は声明で「アサド政権が再び、罪のない市民を虐殺するため化学兵器を使った」と述べて、アサド政権による化学兵器の使用と断定し、非難しました。

トランプ政権は去年4月にも、アサド政権が市民に対し化学兵器を使用したと断定し、対抗措置として軍事施設を巡航ミサイルで攻撃していて、今回が2度目となります。

小野寺防衛相「米ロ関係 北朝鮮情勢への影響も分析」

小野寺防衛大臣はNHKの取材に対し「まだ詳しい状況はわからないが、攻撃の状況などについて確認したい。アメリカとロシアの関係が北朝鮮情勢に与える影響などについても、慎重に分析する」と述べました。
外務省「情報収集し対応検討」
外務省は現地メディアなどを通じて情報収集を進めるとともに、アメリカ政府の発表内容を分析して、政府としての対応を検討しています。

<NHKニュース>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シリアへ軍事攻撃に踏み切った」トランプ大統領 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる