秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 潜伏キリシタン関連遺産 世界遺産へ 長崎で喜びの声

<<   作成日時 : 2018/05/05 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
世界文化遺産への登録を目指していた「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」についてユネスコの諮問機関が「世界遺産にふさわしい」と勧告したことを受けて、長崎県内では喜びや期待の声が聞かれました。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、キリスト教の信仰が禁じられた禁教期に、弾圧を受けながらもひそかに独自の形で信仰を続けた潜伏キリシタンの歴史を伝える遺産で、長崎県と熊本県の合わせて12の資産で構成されています。

ユネスコの諮問機関、「イコモス」は現地調査などを行った結果、すべての資産について世界遺産に登録するようユネスコに勧告しました。

長崎県内には11の構成資産があり、このうち日本に残る最古の教会の「大浦天主堂」を訪れた観光客からは、世界遺産登録に向けたイコモスの勧告を受けて、喜びや期待の声が聞かれました。

大阪から旅行で訪れた50代の女性は、「きのうも来ましたが、勧告を受けてもう一度見に来ました。記念すべき日になりました」と話していました。

また、長崎県の中村知事は「まさに『世界の宝物』として認められることになるので全力を注いで登録実現を目指していきたい。町おこしや地域の活性化の大きなきっかけにしたい」と話していました。

今回の勧告は、4段階ある評価のうち最も高いことなどから、ことし、中東のバーレーンで開かれる世界遺産委員会で、正式に世界文化遺産に登録される見通しです。

▲<NHKニュース>▲より  ▼<YouTube>▼より


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
潜伏キリシタン関連遺産 世界遺産へ 長崎で喜びの声 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる