秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 内田・日大前監督ら除名処分 チームは年度内出場停止

<<   作成日時 : 2018/05/29 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
日本大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質な反則問題で、関東学生連盟は29日、臨時理事会を開き、内田正人前監督と井上奨元コーチの2人を永久追放に相当する「除名」処分にしたと発表した。

 危険なタックルをした守備選手とチームは、条件付きで2018年度中の出場停止処分にした。関東学連の罰則規定には(1)除名(2)資格剥奪(3)団体活動の一時的または無期限停止(4)公式試合の出場停止――などがある。

 反則問題は5月6日、東京都調布市で行われた関西学院大との定期戦で守備選手が、パスを試みた後で無防備の関学大クオーターバックの背後から激しくタックルして腰などを負傷させた。

 内田氏は19日に負傷した関学選手らに謝罪し、監督を辞任。反則をした守備選手は22日に単独で記者会見を開いて謝罪し、反則は内田、井上両氏からの指示に従って行ったと説明した。これに対し、内田、井上両氏は23日に記者会見し、けがをさせろという指示はしていないと否定した。

 一方、関学大の選手側は大阪府警に被害届を提出。移送先の警視庁は29日までに日大の関係者から経緯を聞き取った。今後も傷害容疑を視野に捜査する方針。対応の遅れに非難が集まる日大は第三者委員会で事実を解明するとしている。

<日経BP>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内田・日大前監督ら除名処分 チームは年度内出場停止  秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる