秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR九州 7月にダイヤ見直しへ

<<   作成日時 : 2018/05/31 12:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
JR九州の青柳俊彦社長は30日の会見で、春のダイヤ改正での大幅な減便に対し、九州各県の知事などから見直しの要望が相次いでいることを受け、ことし7月中旬にもダイヤの見直しを行う方針を明らかにしました。

JR九州はことし3月、会社発足以来、最大となる120本近くの新幹線や特急などを減便するダイヤ改正を行いましたが、九州各県の知事などから、沿線の住民生活に大きな影響が出ているとして、ダイヤを見直すよう要望が相次いでいます。

これについて、JR九州の青柳社長は30日の会見で、「通学など、日常生活に大きく影響するのであれば見直さなければならない。できる範囲で最大限やっていく」と述べ、ダイヤを見直す方針を明らかにしました。

その上で青柳社長は、乗り継ぎをしやすくするための発着時刻の見直しや、利用が多い時間帯に車両を増やすといった具体的な見直しを来月中旬、各自治体へ伝える方針も明らかにしました。

そして九州北部豪雨で被害を受けたJR久大線が復旧する7月14日に合わせて、一部を見直したダイヤで運行を始めるということです。

一方、九州北部豪雨の影響で一部区間で不通になっているJR日田彦山線の復旧ついて、青柳社長は、「路線をどう維持していくかを考える必要があり、上下分離もひとつの方法だ」と述べ、自治体などが線路などの鉄道施設を保有して、JRは運行に専念する、いわゆる「上下分離方式」を沿線自治体とともに検討したいという考えを明らかにしました。

このほか会見でJR九州は、糸島市に来年春、JR筑肥線の新駅「糸島高校前駅」を開業すると発表しました。
新駅が設置されるのは、JR筑肥線の筑前前原駅と波多江駅の間です。

青柳社長は「通学だけでなく、今後住宅が開発されれば通勤や買い物客の需要も増えると考えている。糸島市は最近全国にも名をはせているし、使い勝手のいい駅にしていきたい」と述べました。

<NHKニュース>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR九州 7月にダイヤ見直しへ 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる