秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR西日本の副社長が陳謝

<<   作成日時 : 2018/06/15 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
14日山陽新幹線の「のぞみ」が、福岡県内で人と接触した事故について、JR西日本は午後4時から記者会見を開き、事故について陳謝するとともに経緯などについて説明しました。

会見の冒頭、JR西日本の平野賀久副社長は、「今回の事故で多大なる輸送障害を発生させ4万人を超えるお客様に多大なるご迷惑をおかけしました。深くおわび申し上げます」と陳謝しました。

死亡した男性が線路に侵入した状況については、「新幹線の高架橋には橋脚に設置された点検用の足場を使って上がっていったと思われる。そこから高架橋に上がる階段を上り、扉を乗り越えた形跡があった」と説明しました。

運転士が、異常音に気付きながらも走行を続けたことについては、「線路内は容易に人が立ち入れない構造の中、ドンという音を聞いた。これまでも動物と衝突した経験があり、今回もそのように考えたが、関係か所に伝えていれば次の対処ができたと思う」と話しました。

また、最初に停車した小倉駅で、駅の係員が血のようなものを見たにもかかわらず走行を続けさせたことについて、「係員はこれまでも血のようなもの見たことがあり、大きな異常とは考えなかった。先頭車両が通過したときヒビがあるようにも感じたが、そのことを伝えたのは列車が出発したあとだった。直ちに伝えていれば早い段階で次の行動に移れた」と話しました。

その上で、「すぐに連絡できなかったことが課題だ」と述べ、運転士については、訓練用のシミュレーターで異音を感じたときの状況を設定して訓練を行うなど安全策をさらに徹底する考えを示しました。


<NHKニュース>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR西日本の副社長が陳謝 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる