秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 古き良き日本の風景 棚田の稲青々と 神奈川 葉山町

<<   作成日時 : 2018/06/29 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
本格的な夏の訪れを前に、神奈川県葉山町の山あいにある棚田では、植えられた稲が青々と育っています。

葉山町の上山口地区には、昭和30年代まで山の斜面一面に棚田が広がっていましたが、道路や宅地の造成で徐々に減り、今ではおよそ60枚、1ヘクタールを残すのみとなっています。

棚田に植えられているのは、餅米や酒米などで、田植えから1か月が過ぎ、30センチほどまで育っています。

上空から見ると、大小さまざまな形の水田が階段状に並んでいて、幾何学模様のように見えました。

この棚田では9月中旬から下旬にかけて収穫作業が行われ、お米は酒造りに使われたり、身近な人にお歳暮として贈られるということです。


<NHKニュース>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古き良き日本の風景 棚田の稲青々と 神奈川 葉山町 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる