アストロズ青木が日米2000安打 日本選手7人目

画像
【ヒューストン=共同】米大リーグ、アストロズの青木宣親外野手(35)が11日、ヒューストンの本拠地ミニッツメイド・パークで行われたエンゼルス戦の四回に右中間二塁打、六回に左前打を放ち、日本選手7人目の日米通算2千安打をマークした。八回には右前打を放って4月25日以来の3安打で2001安打とした。試合はアストロズが6―12で敗れた。

 プロ野球ヤクルトでの8年間で通算1284安打、5球団を渡り歩いたメジャーは今季が6年目で通算717安打。プロ14年目で大打者の証しといえる大台に到達した。

 日米通算2千安打は過去、イチロー(マーリンズ)松井稼頭央(楽天)松井秀喜(元巨人、ヤンキースなど)井口資仁(ロッテ)中村紀洋(元DeNAなど)福留孝介(阪神)が達成している。日本だけでの2千安打は3日に荒木雅博(中日)が史上48人目の達成者になった。

 青木は宮崎・日向高―早大から2004年にドラフト4巡目でヤクルト入り。05年、10年と史上初の2度のシーズン200安打以上を記録し、首位打者に3度、盗塁王に1度輝いた。12年にポスティングシステムでブルワーズ入りし、ロイヤルズやマリナーズなど計5球団に所属。

<日本経済新聞BP>より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック