秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア大会 18歳池江が偉業・6冠 強敵に心理戦で圧力

<<   作成日時 : 2018/08/24 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ジャカルタ・アジア大会の第7日は24日、競泳女子50メートル自由形決勝で池江璃花子(ルネサンス)が24秒53の大会新記録で優勝した。池江は今大会通算6個目の金メダル。1大会で獲得した金メダル数が日本勢単独最多となり、18歳の高校生が偉業を達成した。

最後に立ちはだかったのはこの種目で池江の自己記録を上回りアジア記録を持つ劉湘(中国)だった。今大会、金メダルを量産する池江に対して、劉湘は50メートル背泳ぎで世界新をマーク。大会を盛り上げる好調同士のレースを前に、池江を指導する三木二郎コーチは心理戦に持ち込んだ。午前の予選前に「相手に隙(すき)を見せるな。5冠を自信にし、プレッシャーを相手に与えよう」と伝えた。

 25秒09の予選トップで通過した池江は「向こうは世界記録を出しているが、自分も調子は悪くないと思っているのでくらいつきたい」。今大会でこれまでに金メダルを獲得した個人の3種目はライバルが不在で、危なげなかった。だからこそ、難敵の存在が刺激となっていた。

 「(前日の)金メダルのお陰で気持ち的に楽になった。ラスト1本」と気持ちを引き締めた池江。今月のパンパシフィック選手権からの連戦で磨いた勝負強さは2年後の東京五輪への大きなステップとなる。

「水の申し子」池江璃花子 涙の6冠

<毎日新聞>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジア大会 18歳池江が偉業・6冠 強敵に心理戦で圧力 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる