秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 爪が感染源?ノロウィルス対策法

<<   作成日時 : 2018/11/27 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

これからの季節、感染が増える「ノロウイルス」。

「ノロウイルスによる食中毒を予防するには、ノロウイルスを『持ち込まない・つけない・拡げない・やっつける』という4原則を守ることが大切です」と語るのは、衛生管理のプロである小林英明さん。
つらい食中毒の症状から家族を守るための予防方法を伺いました。

ノロウイルスを防ぐには手洗いがいちばん!爪ブラシを使いましょう

嘔吐や下痢、腹痛、発熱などつらい食中毒の症状を引き起こすノロウイルス。症状が出てから1〜2日で治癒し、後遺症は残らないと言われていますが、その後が問題。

じつは、症状がなくなってから1週間〜1か月程度は、ふん便中にウイルスが排出されるのです。さらなる感染を防ぐため、家庭では、このウイルスをリビングやキッチンなどに「つけない・拡げない」ように気をつけましょう。

●ノロウイルスを予防するには手洗いが大事!

外出先から帰宅したり、トイレから出たあとは、きちんと正しい手洗いをしましょう。 手洗いについて日本ユニセフ協会が調査したところ、手のひらや甲、指の間、手首を洗っている人は多いものの、「爪」や「親指のまわり」は多くの人が洗えていないことがわかっています。

「爪」をきれいに洗うには「爪ブラシ」がおすすめ! 正しい洗い方をまとめました。
 続きを読む・・・・

<共桑社>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
爪が感染源?ノロウィルス対策法 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる