秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクが勝利 2年連続の日本一

<<   作成日時 : 2018/11/03 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
プロ野球の日本シリーズは広島市のマツダスタジアムで第6戦が行われ、ソフトバンクが広島に2対0で勝ち、2年連続の日本一に輝きました。ソフトバンクの日本一は前身の南海、ダイエーを含め9回目です。

日本シリーズは本拠地・福岡で3連勝したソフトバンクが対戦成績を3勝1敗1引き分けとし、2年連続の日本一に王手をかけて、第6戦を迎えました。

試合はソフトバンクが4回、1アウト二塁三塁から7番・西田哲朗選手がスクイズを決めて先制しました。

5回に3番のグラシアル選手がシリーズ初ホームランとなるソロホームランを打ち、2対0とリードを広げました。

先発のバンデンハーク投手は力のある速球とブレーキの効いたカーブを有効に使って6回を無失点に抑え、2人目の武田翔太投手、3人目の嘉弥真新也投手も広島に得点を与えませんでした。

最後は抑えの森唯斗投手が3人で抑えて、2対0でソフトバンクが勝ち、通算成績を4勝1敗1引き分けとして、2年連続の日本一に輝きました。

ソフトバンクの日本一は前身の南海、ダイエーを含め9回目です。

広島は34年ぶりの日本一はなりませんでした。

ソフトバンク 工藤監督「最高に幸せ」

2年連続の日本一に輝いたソフトバンクの工藤公康監督は選手たちに胴上げされたあと、ファンを前にしてのインタビューで「最高に幸せです。選手たちがシーズン終盤から休むことなく突っ走ってくれて、最後に日本一になれて幸せに思う。リーグ優勝を逃して悔しい思いをして、とにかく頑張ろうという選手たちの強い思いが出ていたと思う」と選手たちをねぎらいました。

また、日本シリーズで見せた早めの投手リレーについて「僕だけでなく、投手コーチと話しながら、短期決戦は第2先発を作ってやったほうがいいとアドバイスをくれたことがいい結果につながった」と話していました。

そして、最後に「福岡に待ってくれているファンに日本一の報告ができてうれしく思う。僕は日本一幸せな人間です。選手のみんな、ごくろうさま、ありがとう」と笑顔で締めくくりました。

MVPはソフトバンク 甲斐

日本シリーズのMVP=最高殊勲選手にはソフトバンクのキャッチャー、甲斐拓也選手が選ばれました。

日本シリーズで6回の盗塁を阻止した甲斐選手は「びっくりした。自分1人の力では取れなかったと思う。ピッチャーが一生懸命けん制をしたり、クイックモーションで投げてくれたりしたおかげなので、感謝したい。広島はいいチームで、いろいろ考えてリードをしたが、なんとか勝ててよかった」と話していました。

福岡では号外配布 ファン喜び「感動」

プロ野球 ソフトバンクが2年連続の日本一を決めたことを受けて、地元・福岡市の中心部では新聞の号外が配られ、喜びを分かち合っていました。

新聞の号外は、福岡市の繁華街、天神のデパートの前で3日午後10時前から配られ、道行く人たちが次々に受け取っていました。

号外を受け取った福岡市内に住む30代の女性は「号外でホークスの日本一を知りました。2年連続の日本一は感動しました」と興奮した様子で話していました。

家族3人で福岡市を訪れていたという男性は「ラジオで日本一を知りました。家族で喜ぶことができてうれしいです。選手たちに感謝したいです」と話していました。

また、屋台に設置されたテレビで試合を観戦していた客たちは日本一を決めた瞬間、両手を挙げて喜びを分かち合っていました。

30代の男性は「ものすごく嬉しいです。ホークスは福岡の宝です。日本一になってくれて福岡は元気になります」と話していました。

<NHKニュース>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ野球 日本シリーズ ソフトバンクが勝利 2年連続の日本一 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる