秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アイリスオーヤマ、テレビ参入 「4K」55型で10万円

<<   作成日時 : 2018/11/04 20:23   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
生活用品を手がけるアイリスオーヤマ(仙台市)がテレビ販売に参入する。11月末に国内で7機種を発売する。

高画質の「4K」に対応した55型で価格を10万円前後に抑えた。2020年の東京五輪前の買い替え需要を狙い、家電量販店のノジマやドン・キホーテなどもプライベートブランド(PB)で参入しており、異業種を含めた競争が本格化する。

調査会社のGfKジャパン(東京・中野)によると、18年上期の薄型テレビ販売は前年同期比7%増の260万台。東京五輪に向け、11年の地上波デジタル化の際に購入したテレビの買い替え需要が活発になっている。

アイリスは11月末に液晶テレビの自社ブランド「LUCA」を立ち上げる。32〜65型の7機種で店頭価格は4万〜14万円を見込む。大手電機の価格より3割程度安く、家電量販店のPBや中韓メーカーと最安値を競う。

アイリスは09年に家電事業に参入した。LED照明やエアコン、炊飯器などの生活家電が中心で、AV(音響・映像)機器の販売は初めてとなる。大阪市の開発拠点で大手電機メーカーからの転職技術者を採用しており、11月に東京でも同様の拠点を開設する。

今後、冷蔵庫や洗濯機も本格販売を始め、テレビを中核にインターネットで家電を制御する開発を進める。テレビの仕様設計やデザインをアイリスが手掛け、中国メーカーに製造を委託する。

インターネット通販のほか、取引のある全国約4000店のホームセンターなどに順次、販路を広げる。初年度に3万台、19年度以降に年間数十万台の販売を目指す。

電機大手は事業縮小が続く。17年に東芝がテレビ事業を中国電機大手の海信集団(ハイセンス)グループに売却。18年9月には日立製作所が国内で販売するテレビをソニーからの調達に切り替えた。

アイリスは生活家電では高度な機能をつけずに価格を抑えて大手電機メーカーと差異化を図ってきた。布団乾燥機や送風機では国内トップシェアを持つ。アイリスの全社売上高は18年に約5000億円で、うち家電事業は前年比1.5倍増の約1000億円に引き上げる計画だ。22年には18年の2倍となる全社売上高1兆円を目標に掲げている。

<日経BP>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイリスオーヤマ、テレビ参入 「4K」55型で10万円  秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる