秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 温泉地 大分 別府の大型ホテル 働き方改革で10日連続休みに

<<   作成日時 : 2018/12/05 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
人手不足が深刻なホテル業界で働き方改革の新たな取り組みです。温泉地の大分県別府市にある大型のホテルは、来年1月15日から10日連続で営業を休みにし、およそ800人いるすべての従業員に長期休暇を取ってもらうことになりました。

別府市にある杉乃井ホテルは、客室数が大分県内で最も多いおよそ650室ある大型のホテルで、およそ800人の従業員が働いています。

このホテルでは、働き方改革を推し進めようと、年末年始の繁忙期を過ぎたあとの来年1月15日から10日連続で営業を休みにし、すべての従業員に長期休暇を取ってもらうことになりました。

このホテルでは、ことし1月も10日連続で営業を休み、売り上げは前の年より数億円減ったということですが、ホテル業界でも人手不足が深刻化する中、来年春の入社に向けた学生の採用活動では、応募者数が前の年の1.5倍に増えているということです。

杉乃井ホテルの佐々木耕一総支配人は「率先して取り組みを進めることで、休みが取りにくいという、ホテル業界のイメージも一新したい」と話しています。

宿泊業界 人手不足が深刻化

ホテルや旅館などの宿泊業界では、従業員の人手不足が深刻化しています。

観光庁によりますと、外国人旅行客の増加で国内の宿泊需要は今後も増加するとみられ、宿泊施設の従業員は現時点でおよそ3万人不足していて、5年後には10万人足りなくなると予測されています。

このため人材の確保につなげようと、全国のホテルの一部では、月に数回休館日を設け、従業員に休みを取りやすくさせるなど、働き方改革を推進する動きが出ています。

しかし、今回の杉乃井ホテルのように、年間を通じて営業しているホテルが10日連続で営業を休むケースは珍しいということです。

<NHKニュース>より

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
温泉地 大分 別府の大型ホテル 働き方改革で10日連続休みに 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる