池江璃花子選手がツイッターを更新「神様は乗り越えられない試練は与えない」

画像
 競泳の日本女子のエースで2020年東京五輪での活躍が期待される池江璃花子選手(18)=ルネサンス=が13日、自身のツイッターを更新し、「完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えていただきながら戦っていきたいと思います」と現在の心境を明かした。

このほか、「同じように辛(つら)い思いをしている方たちにも、本当に希望を持たせていただいてます」などとつづっている。

池江璃花子選手本人のツイッター(全文)

昨日から沢山のメッセージありがとうございます。ニュースでも流れる自分の姿に、まだ少し不思議な気持ちにもなります。

そんな中で皆さんにどうしてもお伝えしたく、更新させていただきます。

皆様からの励ましのメッセージの中に「骨髄バンクの登録をした」「輸血、献血をした」など、沢山の方からメッセージを頂きました。私だけでなく、同じように辛い思いをしてる方達にも、本当に希望を持たせて頂いてます。

私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。
もちろん、私にとって競泳人生は大切なものです。ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思います。

しばらくの間、皆様に元気な姿をお見せすることができないかもしれません。
そしてしばらくの間、私も皆様と同じく応援側に回ります。引き続き、トビウオジャパンの応援、支援、そして沢山の様々なスポーツの応援、支援を宜しくお願い致します。

改めて皆様のメッセージとご協力に心から感謝します。
必ず戻ってきます。      池江璃花子

(原文のまま)

<毎日新聞>より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

巳蛙
2019年02月17日 04:31

遺伝HTLVーII成人胸腺由来白血球病の若年リウマチだったとすると
全身毛細血管にヒスタミンの好塩基球
血行を良くする痛み止めは悪循環のアルカロージス医療過誤、最悪五分であの世?

免疫療法開始当初ヒット率3割
治らんよりまし

この病気
田舎では診断がついて半年生きた親戚なかった麻薬中毒の印象

担当大臣が「がっかり」という国指定の難病‥

痛みはナトリウムイオン濃度依存故に、水飲んで薄めましょうの大日経‥
代理人代筆のような

この記事へのトラックバック