東大寺 お水取りで「お松明(たいまつ)

画像
僧侶たちが国の安泰を願って修行する奈良の東大寺伝統の「お水取り」で、大きなたいまつを振って火の粉を散らす「お松明」が始まりました。

練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる僧侶たちが国の安泰を願って修行する東大寺二月堂の「修二会(しゅにえ)」は、奈良時代から続く伝統行事で、「お水取り」の名で知られています。

1日夜からは、大きなたいまつを振って火の粉を散らす「お松明」が始まり、練行衆たちが杉の葉などでできた、長さがおよそ6メートル、重さが40キロあるたいまつの明かりに導かれ二月堂に入りました。

そして、練行衆の世話をする童子と呼ばれる人たちが、燃え盛るたいまつを欄干の上に突き出して駆け抜けると、火の粉が勢いよく降り注ぎ、集まった人たちは歓声を上げて、写真を撮っていました。

東京から訪れた男子高校生は「あんなに大きな炎が木造の建物の中で動いているのを見たのは初めてです。絶対忘れることはないと思います」と話していました。

「お水取り」の「お松明」は今月14日まで毎晩、行われます。

▲<NHKニュース>▲より ▼<YouTube>▼より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

omachi
2019年03月04日 20:26
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

この記事へのトラックバック