官邸対応「問題なし」とは!?=与良正男

菅・安倍.png
「こんな現場を見たのは初めてでした」。台風15号の影響による停電がなお続く千葉県で、連日取材を続ける在京民放の女性リポーターは私にこう話した。

 彼女は東日本大震災をはじめ数々の被災地に足を運んできた。「初めて」と言うのは、当初現場で千葉県や地元自治体職員の姿をほとんど見かけなかった点を指す。

 屋根が吹き飛ばされたまま時間が止まっているような光景。被害を受けた人々は報道陣の姿を見て「見捨てられてはいない」と少しほっとしたかもしれない。

千葉県などの初動対応が遅れたことはもう指摘するまでもないだろう。もちろん私たち新聞・テレビも台風直後は東京都内を中心とする鉄道網の大混乱ばかりに報道が集中してしまったのは紛れもない事実だ。大きな反省がある。

 では、日ごろ危機管理に力を注いでいると自賛する首相官邸はどうだったか。

 菅義偉官房長官は「台風上陸前から適切に対応している」と記者会見で語り、「問題はなかった」との考えを繰り返し示している。

 しかし検証取材によれば、官邸は一時、関係閣僚会議を開く検討をしたものの、人的被害は限定的だとみる一方、停電も「早期に復旧」という東京電力の甘い見通しを真に受けて楽観論が支配し、会議開催を見送ったという。

 そして台風上陸の2日後、安倍晋三首相は予定通り内閣を改造した。首相は人事をどうするかで頭がいっぱいだったに違いない。
 誰の方を向いて仕事をするのか。それも危機管理の要だ。「現地の深刻な状況を考えれば改造日程を遅らすべきだった」との批判が出たのは当然で、決して結果論で言っているのではないと思う。

 昨年9月の北海道地震直後、首相はテレビカメラを入れた関係閣僚会議の冒頭で警察庁や地元自治体に先んじて犠牲者数を自ら発表した。その結果、「安倍首相によると死者は……」と何度も報道されることとなった。

 「首相主導の対応をアピールしたいのだろうが、度が過ぎた演出だ」と感じたものだ。実は今回は初動対応が抜かったと思っているからだろう。官邸は一転して東電と地元の責任に転嫁している。

 自らの非はどんなことがあっても認めない安倍首相のスタイルが政府全体に広がっている。これで今後に向けた教訓を残せるはずがない。(専門編集委員)<与良政談 毎日新聞> より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぼやきくん
2019年09月25日 20:03
安倍晋三なんて自j分のことしか考えていないよ
くだらないパホーマンスばかりして
外交が得意だというが何の実績があるのか
あんな人物が首相だなんて日本も情けなさすぎるではないか
何で支持率が50%近くもあるのか
理解に苦しむ