首相「後援会支出一切ない」 桜を見る会で異例の説明

安倍晋三首相は15日、首相主催の「桜を見る会」と前日の「前夜祭」を巡る問題について説明した。地元有権者を多数招いたことについて「全ての費用は参加者の自己負担だ。安倍事務所、後援会の収入・支出は一切ない」と強調した。出席者が近年増えたことには「反省しなければならない」と述べた。野党は公開質問状を首相の事務所に渡しており、今後も追及する構えだ。

1安倍説明.jpg
首相は同日昼と、午後6時すぎからの2度にわたり、首相官邸で記者団の質問に答えた。夕方は20分に及ぶ異例の長さとなった。「きょう事務所から詳細な報告を受けた」と話し始め、地元後援会員の参加に関し「宿泊費は各参加者がそれぞれの旅行代理店に支払い、夕食会会場の受付で事務所職員が5000円を集金した」などと語った。

夕食会とは会の前日に後援会が都内のホテルで首相夫妻を囲んで開いた「前夜祭」のことだ。首相は会費が5000円だったことについて「安すぎるとの指摘があるが、大多数がホテルの宿泊者という事情を踏まえてホテル側が設定した価格だ」と述べた。
野党は「立食でやった場合、一人最低1万1000円かかる。差額をどう補填したのか」などと公職選挙法や政治資金規正法違反の疑いを指摘していた。

3安倍説明.jpg
桜を見る会の出席者が近年増加した理由に関しては「年数が重なり、新たな人員が増えた。多くなったことは反省しないといけない」と述べた。野党側が求める国会での質疑には「国会が決めることだ。国会から求められれば説明を果たすのは当然だ」と語った。

首相の一連の説明に野党は反発した。立憲民主党の安住淳国会対策委員長は15日夜、国会内で記者団に「自分たちの事務所は関与していないといいながら実際は後援活動だと認めている。大きな矛盾がある」と指摘した。同時に「不意打ちのような会見だ。週末の夕方に突然、今週でこの話を終わりにしましょうと言わんばかりだ。逆に火に油を注いだ」と批判した。

立民は枝野幸男代表ら幹部が協議し、引き続き予算委員会の集中審議を要求する方針を確認した。福山哲郎幹事長は協議後、記者団に「とにかく首相に出てきてもらわないと全貌は明らかにならない」と述べた。

4安倍説明.jpg
立民など野党の追及チームはこれに先立ち、首相への公開質問状を議員会館にある安倍晋三事務所に手渡した。「前夜祭」の主催者やその会費、政治資金収支報告書への記載の有無など10項目を盛り込んだ。回答期限は18日午後2時に設定し、事務所の担当者から説明を受けたいと要望した。

自民党は首相の国会出席に慎重だ。世耕弘成参院幹事長は記者会見で「国会審議ありきよりは、首相が説明すればいい。記者団に対してでもいい」と指摘していた。

<日本経済新聞>より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント