香港、国家安全法で初の逮捕者 違法集会含め300人超も

香港新法.jpg
【香港=木原雄士】香港警察は1日、6月30日に施行された「香港国家安全維持法」に違反した容疑で男女あわせて9人を逮捕した。同法にもとづく逮捕者は初めて。「香港独立」などと書かれた旗やプラカードを持っていた疑い。違法集会や武器所持などの容疑も含めて逮捕者は300人以上に上った。

警察は逮捕した9人の一部が「香港独立」や2019年の大規模デモのスローガンだった「光復香港 時代革命」の旗などを所持していたと発表した。街頭の荷物検査で見つかり、逮捕されたケースもある。一連の逮捕は同法の施行から1日足らずで、当局の強硬な姿勢が浮き彫りになった。

1日は中国への返還記念日にあたり、若者ら1万人超が香港島中心部で同法に抗議した。警察は新型コロナウイルス対策を名目にデモを禁止し、放水砲や催涙弾を使って強制排除を進めた。一部の若者は警察の制止を振り切って道路を行進し、障害物に火を放つなど過激な抗議を展開した。警察は大型商業施設の中でも取り締まりを進め、繁華街は終日混乱した。
<日経BP>より