テーマ:健康

山中教授が警鐘。PCR検査で「東京の陽性率40%は危険領域」

iPS細胞の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授は、自身の公式サイト「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」で、「感染者数で一喜一憂するのではなく、注目すべきは陽性者の割合」だとする投稿をした。 東京の陽性率40%という驚くべき数字 自身のホームページで、東京と大阪の陽性率の高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

院内感染の深刻な実態 看護師が証言 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの深刻な院内感染が起きた疑いが強い、東京都内の病院の現役の看護師が、患者だけではなく、医療従事者にも次々と感染が広がった状況を初めて証言しました。現場が混乱する中、残された看護師の負担は増し、「院内は、日々のシフトも決まらないような状態だ」と明らかにしました。 証言したのは、先月から今月にかけて、新型コロナウイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8都府県で病床の空き20%未満 院内感染や人手不足も深刻

 新型コロナウイルスに対応できる病床が感染者で埋まり、東京都や大阪府、滋賀、沖縄両県など8都府県で、空きが20%未満となっていることが18日、共同通信の調査で分かった。 緊急事態宣言の対象に追加された地方都市でも、病床が逼迫している。院内感染も相次ぎ、全国の医療機関でマスクや人手の不足が深刻化していることも判明した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型ウイルス 感染経路不明の患者出た場合の医療態勢確保を

新型コロナウイルスについて、感染経路が追跡できない人が出てきた場合、国内ですでに一定の感染者がいる可能性があります。専門家は、感染経路が追跡できない患者が出た場合は水際対策よりも重症の患者への医療態勢をしっかりと確保する対策が重要だと指摘しています。 国内では、これまで検疫や感染地域からの入国制限のほか、チャーター機で中国 武漢から帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武漢からチャーター機到着 数人が体調不良 発熱やせき 厚労省

新型のコロナウイルスの感染が拡大する中国・湖北省武漢から帰国を希望する日本人を乗せた最初のチャーター機が29日朝、羽田空港に到着しました。厚生労働省によりますと、帰国した人たちの中には発熱やせきの症状がでるなど体調不良の人が数人いるということです。 中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスの感染が拡大する中、政府はチャーター機を手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「線虫」でがん早期発見 検査技術実用化 東京のベンチャー企業

嗅覚が優れた「線虫」という生物に、ヒトの尿のにおいをかがせて、がんを早期に発見する検査技術の実用化に成功したと東京のベンチャー企業が発表しました。これまでに行った臨床試験ではがんかどうかを高い精度で見分けられたということで、年明けから各地の医療機関で受けられるようにするとしています。 東京のベンチャー企業、「HIROTSUバイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マダニに刺され日本紅斑熱を発症、滋賀の50代男性死亡

 滋賀県は9日、マダニに刺されることで感染する「日本紅斑熱(にほんこうはんねつ)」を発症した近江八幡市の50代男性会社員が死亡したと発表した。 1999年の調査開始以降、県内の日本紅斑熱患者の発生や死亡は初めて。  日本紅斑熱は、細菌を保有するマダニに刺されることで感染し、2〜8日後に発熱や手足の発疹、だるさなどの症状が出る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳しさ増す「医療保険」 見直しの報告書 その内容は?

私たちが病院を受診した時、自己負担が最大でも3割で済む公的医療保険。安心して医療を受けるためには必要不可欠な制度ですが、「このまま維持していけるのか?」と危惧する声も上がっています。 超高齢社会に突入した日本は医療費が膨らみ続け、平成28年度には約42兆円。これは今後さらに、増加し続ける見通しです。 一方で、保険料を支払う現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三遊亭円楽さん 脳に腫瘍 来月上旬まで休業し検査・治療へ

人気落語家の三遊亭円楽さんが脳に腫瘍が見つかったため、来月上旬まで仕事を休んで検査や治療にあたることになりました。 所属事務所によりますと三遊亭円楽さん(69)は1か月ほど前から気分の落ち込みなどがあり、医療機関を受診したところ脳に腫瘍が発見されたということです。 円楽さんは19日から来月上旬まで仕事を休んで検査や治療のために入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルケル首相 体の震え止まらず 健康状態を懸念する声も

ドイツのメルケル首相がウクライナの大統領を歓迎する式典の最中、突然、体の震えをおさえられなくなりその後、首相は水分不足が原因だったと説明しましたが、健康状態を懸念する声も出ています。 ドイツのメルケル首相は18日、首都ベルリンでウクライナのゼレンスキー大統領を歓迎する式典に臨みました。 ところがその最中に突然、メルケル首相の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紹介ない初診は追加負担、対象病院拡大へ

厚生労働省は、紹介状のない患者が初診でかかる際に5000円以上の追加負担を義務づける病院を拡大する検討に入った。 現在は400以上のベッド(病床)を持つ病院が対象で、この基準を引き下げる。具体的には200~300床以上を基準とする方向だ。追加負担が必要な病院を増やすことで、軽い症状で大病院を受診する外来患者を減らす。 大病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師が健康診断の「腫瘍マーカー」を勧めない5つの理由

医師として考える「腫瘍マーカー検査」のデメリット・不完全性 腫瘍マーカー検査といえば、「血液検査で簡単にがんの可能性がわかる」といううたい文句で健康診断のオプションとして行われていることも多いようです。しかし、多くの医師が健康診断での腫瘍マーカー検査は推奨していないという事実はあまり知られていません。 ここでは、医師が「腫瘍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“聞こえるのに聞き取れない”症状の人たちが「当事者会」

音としては聞こえるのに話の内容が聞き取れない、「聴覚情報処理障害」と呼ばれる症状がある人たちが、生活での悩みを話し合い医療に関する情報を共有していこうと「当事者会」を立ち上げ活動を進めています。 聴覚情報処理障害は、聴力は正常なもののさまざまな音が同時に聞こえる、雑踏のような場所では話の内容を聞き取れない症状です。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁煙日誌 「卒煙に向かって禁煙トライ続行中」

禁煙トライ 3443日 「9年と16日日(6/4木)現在」9年前の大晦日。除夜の鐘を合図に禁煙を始めました。禁煙を始めて今日が9年と156日目です。 禁煙を一年続ければ体内のニコチンも抜けるという話を聞きましたが、さてどうなんでしょうか? これからは禁煙を卒煙したところで、完全に煙なしを普通としていかなければなりません。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたもスマホ難聴になるかも WHOが警告

国連は、スマートフォンなどで大音量で音楽を聴くことによって、世界の若者のおよそ11億人が難聴になるおそれがあると警告し、安全な音量に関する新たな指針を発表しました。 WHO=世界保健機関は、世界の12歳から35歳までの若者のうち、ほぼ半数に当たるおよそ11億人が、長時間、大きな音に過剰にさらされ、難聴になるおそれがあると警告してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池江璃花子選手がツイッターを更新「神様は乗り越えられない試練は与えない」

 競泳の日本女子のエースで2020年東京五輪での活躍が期待される池江璃花子選手(18)=ルネサンス=が13日、自身のツイッターを更新し、「完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えていただきながら戦っていきたいと思います」と現在の心境を明かした。 このほか、「同じように辛(つら)い思いをしている方たちにも、本当に希望を持たせていた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

競泳 池江璃花子選手が白血病を公表

競泳女子で100メートルバタフライなど複数の種目で日本記録を持つ池江璃花子選手が、自身のツイッターで、「白血病」と病院で診断されたことを明らかにしました。 池江選手は12日午後2時すぎに自身のツイッターを更新しました。 池江選手は「ご報告です」と題し、「この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中年期からの高血圧でリスクは10倍に! 血管性認知症にご注意を

年齢とともに、物覚えが悪くなったり、人の名前が思い出せなくなったりすることは誰にでも起こります。しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは異なり、何らかの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態を指します。高血圧などが関わる血管性認知症について鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野教授で、日本認知症予防学会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爪が感染源?ノロウィルス対策法

これからの季節、感染が増える「ノロウイルス」。 「ノロウイルスによる食中毒を予防するには、ノロウイルスを『持ち込まない・つけない・拡げない・やっつける』という4原則を守ることが大切です」と語るのは、衛生管理のプロである小林英明さん。 つらい食中毒の症状から家族を守るための予防方法を伺いました。 ノロウイルスを防ぐには手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 がん治療日記(その1)乳がん?そして胃カメラ検診

もう一年半ぐらい前になるかな。 変な話だけれど、左胸の乳頭が何故か変に感じるようになってきた、そのうち右の乳頭も。 だんだん左右両方の乳頭が痛みを感じるようになってきて、多少膨らんできたような状態。 普通乳がんの意識としては女性の病気と思いがちなんだけど、これが、ものの本によると男性にも乳がんの発生率は15パーセントあるという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まだ死ぬ気がしない」国内最高齢115歳 田中カ子さん 福岡

敬老の日の17日、国内最高齢の115歳となる福岡市の田中カ子さんのもとを知事が訪ね、田中さんは「まだ死ぬ気がしません」と話しました。 福岡市東区の老人ホームで暮らす国内最高齢の田中カ子さんは明治36年生まれの115歳で、敬老の日の17日、福岡県の小川知事が田中さんのもとを訪れ、「日本一のご長寿おめでとうございます」と声をかけました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“エアコンでせきが止まらない” 猛暑で症状訴える人増える

この夏は厳しい暑さが続いていますがエアコンが効いた部屋などにいると、せきが止まらないという症状を訴える人が増えています。 東京・豊島区の呼吸器科があるクリニックでは、先月からエアコンの効いた部屋に入ったり電車に乗ったりしたときに、せきこんでしまうという症状を訴える患者が去年に比べて1.3倍に増えているということです。 クリニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基準値超の放射性物質検出、福島 トリチウム以外、長寿命も

 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水に、他の放射性物質が除去しきれないまま残留していることが19日、分かった。 一部の測定結果は排水の法令基準値を上回っており、放射性物質の量が半分になる半減期が約1570万年の長寿命のものも含まれている。  第1原発でたまり続けるトリチウム水を巡って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命に関わることもある危険な暑さ 熱中症に厳重な警戒を

連日、猛烈な暑さが続いている西日本と東日本では、17日も午前中から各地で気温が35度以上の猛暑日となっています。このあと内陸を中心に39度前後まで気温が上がり、命に関わることもある危険な暑さになる見込みで、熱中症に厳重な警戒が必要です。 気象庁によりますと、西日本と東日本を中心に連日、猛烈な暑さが続いていて、17日も広い範囲で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術で治る人と治らない人がいるのはどうして?―がんにまつわる素朴な疑問

 生涯で2人に1人がかかると言われる「がん」。でも、知っているようで、知らないことも多いのではないでしょうか。そこでジャーナリストの鳥集徹さんに、素朴な疑問をぶつけてみました。参考文献として信頼できるサイトのリンクも紹介しています。いざというときに備えて、知識を蓄えておきましょう。    ◆ A7 がんの悪性度が異なるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ろれつ回らず発音不明瞭 安倍首相が通常国会に抱える不安

「千畝」を言えず…/(安倍晋三首相のツイッターから)  週明け22日から始まる通常国会を控え、安倍首相に異変だ。発端は14日に自身の公式ツイッターに投稿した動画。この日、リトアニアの「杉原千畝記念館」を視察した際、記者団に語った感想を撮ったものだが、杉原氏の功績を紹介する部分でろれつが回らず、同氏の名前の「千畝(ちうね)」がサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「牛乳飲めば胃に粘膜が張られて酔わなくなる」は根拠なし

忘年会シーズンが到来。酔っ払わないようにと、事前に牛乳を飲むという人もいるはず。しかし、「牛乳は胃に粘膜を作り、酔いを制御してくれる」という説は、俗説で全く根拠がない。食事に合わせて、お酒を毎日飲むという慶應義塾大学看護医療学部の加藤眞三教授が言う。 「アルコールは分子が非常に小さく、親水性や親油性に優れているため、体内のどこへで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃の不調を軽んじない “みぞおち痛”は命に関わる病気かも

「みぞおち」が痛い。胃の調子がよくないだけだろうなんて軽く考えてはいけない。ひょっとしたら命に関わる病気かもしれない。  主婦のSさん(56歳)は、みぞおちの痛みが続いたことで近所のクリニックを受診した。胃カメラ検査を受けたが異常は見当たらない。ひとまず処方された胃薬を飲んでも、ちっとも治まらなかった。  そこで、消化器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬でもシャキッと目覚める方法は

あっという間に、もうすぐクリスマス♪ 外出するのも楽しいけど、布団でぬくぬくしたい季節でもありますよね。 特に朝目覚めた瞬間は「このまま眠っていたい……。」と切実に思うはず。 しかし、毎日会社や学校に行っている以上、ずっと布団でゴロゴロしているわけにもいきません。寒~い冬でも、朝からシャキッと目覚められたら、1週間もあっという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more