テーマ:沖縄

菅長官、辺野古めぐり矛盾 報告3日後「承知してない」

 菅義偉官房長官は26日の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、埋め立て予定区域の軟弱地盤について地盤改良が必要と報告を受けた時期を「1月18日」と答弁した。 ところが菅氏はその3日後の21日の記者会見で、軟弱地盤の存在を「私は承知していない」と述べており、今回の国会答弁と矛盾が生じて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名護 辺野古への基地移設に反対する大規模集会 那覇

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する大規模な集会が那覇市で開かれ、「県民投票で反対の民意は示された」として、移設の断念を求める決議を採択しました。 この集会は、市民団体などでつくる「オール沖縄会議」が「辺野古新基地建設断念を求める県民大会」として開いたもので、主催者の発表でおよそ1万人が参加しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県民投票、沖縄2紙は「民意示された」 全国紙は評価大きく分かれる

 沖縄県民投票では辺野古移設を巡り、埋め立てへの反対が7割超となったが、この結果に県民の民意は表れたと言えるのか。新聞各紙はこの点を巡り評価が大きく分かれた。 全国紙の25日朝刊(東京本社最終版)を比較すると、朝日新聞が「辺野古移設 明確な『NO』」、毎日新聞も「沖縄民意の盾」の見出しを立てて展開した。 両紙は社説を掲載し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県民投票 一夜明けての反応は

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は「反対」の票が有権者の4分の1を超え、条例の規定により、玉城知事は総理大臣とアメリカの大統領に結果を通知することになりました。これを受け、一夜明けた25日もさまざまな反応がありました。 玉城知事 県職員をねぎらう 玉城知事は、25日朝8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県民投票「反対」多数確実 有権者の4分の1を超える勢い

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は24日に投票が行われ、「反対」の票が多数となることが確実となりました。 「反対」の票は条例で、知事が結果を尊重し、総理大臣とアメリカの大統領に通知することになっている有権者の4分の1を超える勢いとなっています。 開票率は低いですが、NH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県民投票、全41市町村で実施へ 3択に修正で

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐる県民投票(14日告示、24日投開票)が1日、全県で実施されることに決まった。 条例改正後、態度を表明していなかった沖縄、宜野湾、石垣の3市長が1日、実施する意向を表明した。これで全41市町村で足並みをそろえて実施される。  宜野湾市の松川正則市長は、市議会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古移設 軟弱地盤で設計変更を表明 工期に影響も

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画をめぐり、岩屋防衛大臣は、まだ埋め立てに着手していない区域に軟弱地盤があると見られるとして、今後、沖縄県に対し、地盤改良を行う設計の変更を申請する考えを示しました。ただ、移設阻止を訴える沖縄県が変更を承認する見通しは立っておらず、工期に影響がでる事態も予想されます。 沖縄のアメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古、軟弱地盤改良へ…県は承認せぬ構え

 沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画を巡り、政府は今春にも、辺野古の埋め立て予定区域北東部の設計変更に着手する方針を固めた。 軟弱地盤の改良が必要と判断したためで、年内にも変更を県に申請する。移設に反対する県は承認しない構えで、北東部での工事が遅れるのは必至だ。  防衛省沖縄防衛局は2014…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古埋め立て反対 ホワイトハウスへの署名 20万に

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設をめぐり、アメリカのホワイトハウスに寄せられた名護市辺野古沖の埋め立て中止を求める署名が、この1か月でおよそ20万集まり、アメリカ政府の対応が注目されます。 アメリカ政府は、ホワイトハウスのウェブサイト上で、政府に直接、請願することが可能になる署名を受け付けていて、開始から1か月で署名の数が10万を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローラさん「辺野古署名呼びかけ」の波紋 芸能人の政治的発言 バッシング広がる背景どこに

 沖縄県の米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り、モデルでタレントのローラさん(28)が埋め立てに反対の署名をするよう、写真共有アプリ「インスタグラム」で呼びかけた。多くの賛意が寄せられた一方で、ネット上に「モデルのくせに」「対案を出せ」といった書き込みが相次いでいる。芸能人が政治的な事案に触れるとバッシングが広がる背景には何があるのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、米国ホワイトハウスの嘆願書サイトを利用してトランプ大統領に移設工事を止めるよう求める署名活動が進められ、開始から11日目の18日で目標の10万筆を超えた。 署名が1カ月で10万筆を超えれば米政府から何らかの回答が得られることになっており、移設に反対する人たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古 「日米同盟のためでなく日本国民のため」防衛相

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画で、名護市辺野古の埋め立て予定地に土砂の投入が始まって2日目の15日、岩屋防衛大臣は、「移設は、日米同盟のためではなく、日本国民のためだ」などと述べ沖縄県の理解を粘り強く求めていく考えを重ねて示しました。 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画で、政府は、14日、名護市辺野古の埋め立て予定地の海に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「工事やめろ」美ら海に土砂投入 県民ら抗議

 日米両政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の返還合意から22年余。安倍政権は14日、多くの県民が守りたいと闘い続けてきた名護市辺野古の美(ちゅ)ら海を埋め立てる土砂投入に踏み出した。 なぜ沖縄の声を聞こうとしないのか。なぜ沖縄の民意に向き合おうとしないのか。埋め立て予定海域近くの米軍キャンプ・シュワブのゲート前には、抗議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故・翁長雄志前沖縄県知事の県民葬で菅官房長官に投げつけられた罵倒が意味するもの

◆菅官房長官への罵倒が意味するもの 「嘘つき!」「帰れ!」「卑怯者!」――。  9日に執り行われた、故・翁長雄志前沖縄県知事の県民葬で、安倍晋三首相の弔辞を代読する菅義偉官房長官には、数々の罵声が浴びせられた。  内地の人々からすれば、「厳粛たるべき葬儀の場で、罵声を浴びせるとはなにごとか」と眉を顰めたくもなる出来事な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛省 普天間基地の辺野古移設で法的措置

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、沖縄県が埋め立ての承認を撤回したことを受けて、防衛省は工事の再開を目指し、行政不服審査法に基づいて、埋め立ての法律を所管する国土交通大臣に撤回の効力を一時的に停止する執行停止の申し立てを行うとともに、撤回の取り消しを求める審査請求を行いました。 アメリカ軍普天間基地の名護市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉城氏:首相と会談 12日、辺野古反対を伝達へ

 沖縄県の玉城デニー知事は12日午後、首相官邸で安倍晋三首相と会談する。玉城氏が就任後に首相と面会するのは初めてで、菅義偉官房長官も同席する。玉城氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する考えを、安倍首相に直接伝える意向だ。 急逝した翁長雄志前知事の路線を継承した玉城氏は9月30日投開票の知事選で初当選し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄 翁長前知事の県民葬 約3000人が別れ惜しむ

沖縄の基地負担の軽減を訴え続け、8月に死去した沖縄県の翁長雄志前知事の県民葬が9日、那覇市で行われ、玉城知事や菅官房長官ら、およそ3000人が参列して、生前の功績をたたえ、別れを惜しみました。 ことし8月、すい臓がんのため67歳で死去した翁長前知事は、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を県政の最重要課題に掲げるなど、沖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須賀長官に「公選法違反」疑惑浮上

>© HARBOR BUSINESS Online 提供 若者有志のシール調査結果パネル(携帯料金値下げの要望が第1位)を佐喜真候補から受取った後、携帯料金4割値下げについて熱弁をふるう菅義偉官房長官(中央)。9月16日那覇市内の県庁前 ◆携帯料金値下げを沖縄で実現できるかのように語った菅官房長官  辺野古新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄知事に玉城氏初当選 政権支援の候補破る

 沖縄県知事選が30日投開票され、前自由党衆院議員の玉城(たまき)デニー氏(58)が、前宜野湾市長の佐喜真(さきま)淳(あつし)氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3氏を破り、初当選した。 最大の争点だった米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画に、玉城氏は「反対」を主張してきた。県民は翁長雄志(たけし)知事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄、翁長氏に最後の別れ 「信念の人、安らかに」

 沖縄県の基地負担軽減を求め、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げ続ける中、8日に67歳で死去した翁長雄志知事の葬儀・告別式が13日、那覇市の寺で営まれた。 参列者らは「信念の人、安らかに」としのんだ。政界関係者や旧友、米軍関係者ら4千人以上が集まり、最後の別れを告げた。  弔辞で稲嶺恵一元知事(84)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県民大会、辺野古移設反対訴え 翁長知事の死悼む

 米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する県民大会(主催者発表で7万人参加)が11日午前、那覇市内の陸上競技場で開かれた。 大会冒頭、8日に亡くなった翁長雄志知事を悼み、1分間の黙とうがささげられた。参加者らは「知事の遺志を継ぎ、移設阻止を諦めない」と訴えた。  大会は辺野古移設に反対する政党や団体で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄 副知事 辺野古承認撤回に前向きな姿勢

沖縄県のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する大規模な集会が11日、那覇市で開かれ、亡くなった翁長知事の職務代理を務める謝花副知事が「新たな基地を造らせないという翁長知事の思いを受け止める」などと述べ、辺野古の埋め立て承認の撤回に前向きな姿勢を示しました。 アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐっては、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翁長知事 「撤回は自分で」最後の面会 副知事に強い意思

「撤回は自分でやりたい」。翁長知事が入院していた沖縄県浦添市の浦添総合病院で8日夜取材を受けた謝花(じゃはな)喜一郎副知事は、最後の面会となった4日、翁長知事が、前知事による辺野古の埋め立て承認撤回に強い意思を示していたことを明かした。 普天間飛行場の辺野古への移転阻止を貫いた翁長知事の死去に「あまりに急すぎる」と、移設反対派らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県 翁長知事 死去

沖縄のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設反対を訴えて国と激しく対立してきた沖縄県の翁長知事が、8日亡くなりました。67歳でした。 翁長知事は、那覇市出身で、那覇市議会議員や沖縄県議会議員を経て、平成12年から那覇市長を務めたあと、平成26年の県知事選挙に立候補し、保守系と革新系の勢力でつくる、いわゆる「オール沖縄」という勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は、前知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回する手続きに入る方針を固めた。 撤回には、事業主体の防衛省沖縄防衛局から弁明を聞く「聴聞」が必要で、近く防衛局に通知する。政府が進める移設工事が、承認時に付けた留意事項に違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<米軍ヘリ窓落下>沖縄知事「米軍は『良き隣人』ではない」

◇米軍がCH53Eの飛行を近く再開させる方針に怒りあらわ  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する市立普天間第二小学校の校庭に米軍大型ヘリコプターCH53Eが窓を落下させた事故で、米軍が事故発生の13日から運用を見合わせていたCH53Eの飛行を近く再開させる方針を伝えてきたことについて、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「政府追認機関だ」 翁長知事、三権分立に禍根と批判

 翁長雄志知事は16日、名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡る不作為の違法確認訴訟で国に敗訴したことを受けて県庁で会見し「地方自治制度を軽視し、県民の気持ちを踏みにじる、あまりにも国に偏った判断だ。政府の追認機関であることが明らかになり大変失望している」と述べ、判決内容を厳しく批判した。最高裁に上告する考えを示した。今後、確定判決後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古沖 国の訴え認める「翁長知事の対応は違法」

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされている名護市辺野古沖の埋め立て承認をめぐり、国が沖縄県を訴えた裁判で、福岡高等裁判所那覇支部は「普天間基地の被害を除去するには埋め立てを行うしかなく、埋め立てにより県全体としては基地負担が軽減される」として国の訴えを認め、翁長知事が承認を取り消したのは違法だとする判決を言い渡しました。 名護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官房長官 普天間移設問題であす沖縄県を提訴へ

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡る政府と沖縄県の協議会が開かれ、菅官房長官は、沖縄県側が名護市辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを撤回するよう求めた国の是正指示に従わないことの違法性を確認するため、22日に沖縄県を相手取って訴訟を起こす考えを伝えました。 政府と沖縄県は21日に総理大臣官邸で、アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡る「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more