テーマ:雑学

飲食店関係者がコロナ禍で気づいた「無駄だった慣習」の数々

 新型コロナウイルスの感染拡大で、計り知れないダメージを受けたのが飲食店。飲食業界は元々、開業3年で7割の店が潰れると言われる厳しい業界だが、今回の騒動を機に、“実は無駄だった慣習”に気づいた経営者・店員たちも多かったようだ。 案外いらなかったBGM  近畿地方で夫と共にハンバーガーショップを経営するKさん(40代女性)はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北九州 新たに16人感染確認 10日連続 新型コロナウイルス

北九州市では、1日、新たに16人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、北九州市での感染確認は10日連続で、合わせて113人となりました。市は、新たに市内の病院で感染者の集団が発生したとしています。 北九州市によりますと、新たに感染が確認されたのは小学生を含む10歳未満から90代の男女合わせて16人です。 このうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察人事への政治介入が招いた支持率急落

 ◇黒川氏個人の資質問題へ「すり替え」ならず  時の政権による検察人事への政治介入が問題なのに、東京高等検察庁の黒川弘務検事長が賭けマージャンで辞職したことにより、焦点が黒川氏個人の資質問題にすり替えられてしまったのではないか。世論の認識はどのあたりにあるのかを探ろう。そう思って臨んだのが、社会調査研究センターと毎日新聞が5月23…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国地方が梅雨入り 平年より5日早く

前線などの影響で四国地方は曇りや雨のぐずついた天気となっていて、気象台は31日、「四国地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。四国地方の梅雨入りは平年より5日、去年より26日早くなっています。 高松地方気象台によりますと、四国地方は前線や低気圧の影響で30日夜から雨が降っているところがあり、31日も各地で曇りや雨のぐずついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北橋市長「第2波の真っただ中」

北九州市の北橋市長は、市内で新型コロナウイルスの感染確認が急増している状況について、「第2波の真っただ中にいると認識している」と述べたうえで、調査を徹底し、封じ込めに全力を尽くす考えを示しました。 北九州市では28日まで6日間連続で、合わせて43人の感染が確認されていて、市は2つの病院では集団感染が発生したとしています。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港、国家安全法巡り抗議デモ 警察が強制排除・240人逮捕

[香港 27日 ロイター] - 香港中心部では27日、中国が制定を目指す「香港国家安全法」への抗議デモが行われ、警察が催涙弾を使いデモ隊の強制排除に乗り出し、違法な集会を開催したとして約240人を逮捕した。 この日、中国の国歌を侮辱する行為を処罰する国歌条例案の審議も予定されていた立法会周辺には警備隊が配備され、厳重な警備体制が敷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北九州市 新たに8人感染 5日間22人「経路追えぬ人多い」コロナ

北九州市によりますと、市内で新たに8人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。北九州市での感染確認は5日連続で、この5日間の合計は22人です。 北九州市は午後9時半から記者会見を開いて詳しく説明することにしています。 福岡県内で感染が確認された人は延べ682人になりました。 クラスター対策班を派遣「経路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青葉容疑者の病状判明 今も自力歩行は不能、会話は可能 京アニ事件

 京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、社員36人が死亡するなどした事件で、京都府警捜査本部(伏見署)が殺人などの疑いで逮捕した青葉真司容疑者(42)は、現在も病状が重く、寝たきりで自力歩行できず、食事には介助が必要な状態であることが27日までに、捜査関係者への取材で分かった。  ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北九州市、公共施設43カ所を再休館「第2波の入り口」

 北九州市は26日、新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたのを受けて再開した公共施設43カ所を再び休館にすることを決めた。市内では23~25日の3日連続で計12人の感染者が確認され、北橋健治市長はこの日、「第2波の入り口に立っていると思う」との認識を示した。  26日午後に対策会議を開いて決めた。再び休館するのは観光・学習施設や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナ感染続く北九州市 小倉城が再度休館へ

北九州市の観光名所、小倉城は26日、およそ3か月ぶりに一般公開を再開しましたが、新型コロナウイルスの感染確認が市内で続いている状況を受けて28日から再び臨時休館することになりました。 北九州市では、26日まで4日連続で新型コロナウイルスに感染している人が確認され、合わせて14人にのぼっていますが、このうち13人の感染経路がわかって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍内閣支持率3割割れ相次ぐ 野党、黒川氏問題で攻勢

 報道各社の世論調査で安倍内閣の支持率が、政権維持の「危険水域」とされる20%台に下落した。 〔図解〕内閣支持率の推移  新型コロナウイルスの政府対応への批判や、賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長の問題が影響したとみられる。政府・与党は新型コロナ対応に万全を期し、支持率回復につなげたい考え。一方、野党は黒川氏の訓告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態 全面解除後の「基本的対処方針」原案が明らかに

緊急事態宣言が全面的に解除されたあとの政府の「基本的対処方針」の原案が明らかになり、全般的な方針として、段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていくことや、感染が再び拡大する場合に備えて医療提供体制の維持や検査体制の強化を図ることなどが盛り込まれています。 東京など首都圏の1都3県と北海道で続く緊急事態宣言の解除に合わせて、政府が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“守護神”黒川氏の失脚、河井前法相夫妻の捜査で迫る安倍首相の落日「批判ばかりされる」と弱気も 

稲田伸夫・検事総長(左)と森雅子法相(C)朝日新聞社  黒川弘務・東京高検検事長の辞職を受け、5月22日の国会では、安倍政権が今国会の成立を見送った検察庁法改正案への批判が相次いだ。答弁に立った安倍晋三首相は「新型コロナウイルスによる雇用環境悪化」などを理由に曰くつきの検察庁法改正案を含む国家公務員法改正関連法案の見直しをついに表明し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒川検事長辞職「再調査せず 退職金支払われる」森法相

緊急事態宣言の中、賭けマージャンをしていた東京高等検察庁の黒川検事長が辞職した問題をめぐり、森法務大臣は、衆議院決算行政監視委員会で、黒川氏に対する再調査を行う考えはなく、退職金も支払われるという認識を示しました。 この中で、国民民主党の後藤祐一氏は、黒川氏の退職金の取り扱いをめぐり、「国家公務員への退職金に関する基準を定めた退職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賭けマージャン問題 元検事「検察への信頼 大きく損なわれた」

元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士は、黒川検事長が賭けマージャンをした問題で辞表を提出したことについて「新型コロナウイルスで国民全体が自粛し、しかも自身の定年延長に関わる法案が審議されている状況で3密の極みと言えるマージャンをやっていたのは、検察のOBとして、国民の1人として極めて残念だ。今回の行為によって、検察組織や検察官に対する国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相らの告発状提出 桜見る会前夜祭、公選法違反疑い

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会で、参加した有権者に飲食代を提供するなどしたとして、全国の弁護士や学者ら約660人が21日、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の疑いで、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。地検は受理するかどうか検討する。  弁護士らは「首相が説明責任を果たさず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京高検 黒川検事長 辞任の意向固める 賭けマージャン報道で

東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言のさなかの今月、新聞記者の自宅を訪れ、賭けマージャンをした疑いがあると報じられた問題で、黒川検事長が辞任する意向を固め周囲に伝えていることが関係者への取材で分かりました。法務・検察当局は本人から事情を聴くなど事実関係の調査を進めることにしています。 東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒川検事長、辞職は不可避 与野党批判、検察幹部も

 東京高検の黒川弘務検事長(63)が賭けマージャンをしていた疑いがあると週刊文春が20日にウェブサイトで報じ、事実であれば辞職すべきだとの厳しい指摘が与野党から相次いだ。検察中枢からも同様の意見が出ており、辞職は避けられない情勢だ。黒川氏の職務遂行能力を評価して定年延長を決めた政権への大きな打撃となりそうだ。  政府は1月、定年延…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣を「支持しない」が「支持する」を上回る NHK世論調査

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって37%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は7ポイント上がって45%でした。「支持しない」が「支持する」を上回ったのは、おととし6月の調査以来となります。 NHKは、今月15日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そのハンコ、必要ですか コロナ機にデジタル推進を

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク着用などの行動変容が人々に求められているが、企業や行政も行動変容が欠かせない。 その一つがハンコ主義や対面原則、書面主義といった昔ながらの慣習の見直しだ。これらを電子化すればテレワークが容易になるだけでなく、移動時間の短縮や生産性向上にも寄与するだろう。コロナ禍を機に、一気呵成(かせい)にデジタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マスクの下は口呼吸? 鼻呼吸?」 マスク習慣で口呼吸倍増 健康、美容に悪影響

 新型コロナウイルスの感染防止対策に欠かせなくなったマスクだが、熊日の「SNSこちら編集局」(S編)に「マスクの下で口呼吸が増えているようだ」との気になる声が寄せられた。健康にも美容にも良くないらしいが、慣れない息苦しさから、つい口呼吸になりがちかも。S編の公式LINE登録者にアンケートを実施したところ、マスクを着用すると口呼吸の人が倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿蘇山で火山活動高まる 今後の活動の推移に注意を 気象庁

熊本県の阿蘇山で、16日朝から火山性微動の振幅が次第に大きくなるなど火山活動が高まっているとして、気象庁は噴火警戒レベル2を継続したうえで、今後の活動の推移に注意するよう呼びかけています。 気象庁によりますと、熊本県の阿蘇山では16日午前6時ごろから、地下の熱水やマグマの動きを示すと考えられる火山性微動の振幅が次第に大きくなってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元検事総長ら 検察庁法改正案に反対の意見書提出 極めて異例

検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案について、ロッキード事件の捜査を担当した松尾邦弘元検事総長ら、検察OBの有志14人が「検察の人事に政治権力が介入することを正当化するものだ」として、反対する意見書を15日、法務省に提出しました。 検察トップの検事総長経験者が、法務省が提出する法案を公の場で批判するのは極めて異例です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元検事総長らが定年延長に反対 法務省に意見書提出へ

 松尾邦弘元検事総長ら検察OBが15日、法務省に対し、検察官の定年延長を可能とする検察庁法改正案に反対する意見書を提出することが14日、分かった。意見書には、ロッキード事件の捜査に従事した元検事ら十数人が賛同する。  「検察の独立性がゆがめられる」と強い批判を浴びる法案を巡る動きは、検察OBらも反対の姿勢を示すことで異例の事態に発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【新型コロナ】10万円一律給付で自治体大混乱 マイナンバー手続き殺到 「割に合わず」恨み節も

 新型コロナウイルスの緊急経済対策で政府が国民1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」を巡り、神奈川県内の自治体が大混乱している。オンライン申請に必要なマイナンバーカードの手続きが急増し、窓口に来庁者が殺到。アクセス集中によるシステム障害が重なり手続き業務を中断するケースも多発し、担当者からは「国に振り回され苦情を受ける市町村は割に合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察庁法改正案 野党5党の党首らがネット上で会見

検察官の定年延長を可能にする検察庁法の改正案をめぐり、野党5党の党首らが、そろってインターネット上で記者会見しました。 この中で、立憲民主党の枝野代表は「内閣が認めたときだけ定年が延長されれば、検察官は政権の意向に反することがしにくくなる。検察の中立性がゆがめられることは間違いなく、断固許すわけにはいかない」と述べました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルスと暑さ 効果的な換気方法は?

新型コロナウイルスに加え、暑さも気になる季節になりました。大手の建材メーカーや空調機器メーカーは、効果的な換気方法を紹介し、感染拡大や熱中症の予防に役立ててほしいとしています。 部屋の「対角線」で窓を開けると効果的 大手建材メーカーの「YKK AP」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、窓を活用した効果的な換気方法につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府のコロナ対応「評価せず」55% 内閣支持率横ばい世論調査

日本経済新聞社とテレビ東京が8~10日に実施した世論調査で、新型コロナウイルスの政府の取り組みについて「評価しない」との回答が55%と前回調査から11ポイント上昇した。この質問を始めた2月以降、最も高い数字となった。安倍内閣の支持率は49%で3月の48%からほぼ横ばいだった。 政府の取り組みを「評価する」は38%で3月の前回調査か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察官の定年延長 有志団体「弁護士1500人が反対」と批判

検察官の定年延長を最長で3年まで可能にする検察庁法の改正案に反対する団体がオンラインで会見を開き、団体の活動に賛同する弁護士が全国で1500人に上ることを明らかにしたうえで「新型コロナウイルスの影響が広がる中、拙速に国会での審議を進めるべきではない」と訴えました。 検察官の定年を段階的に65歳に引き上げ、定年延長を最長で3年まで可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府が施設再開の判断基準を独自に決定 経済再生相が不快感

新型コロナウイルス対策を担当する西村経済再生担当大臣は、大阪府の吉村知事が施設の再開などを判断するための基準を「国が示さなかった」として、独自に決めたことについて「休業の要請や解除は知事の裁量で行うものだ」と述べ、不快感を示しました。 大阪府の吉村知事は5日、いわゆる「出口戦略」について「国からは示されなかったので、大阪モデルを決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more