秘密の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS  がん治療日記(その1)乳がん?そして胃カメラ検診

<<   作成日時 : 2018/11/09 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像もう一年半ぐらい前になるかな。
変な話だけれど、左胸の乳頭が何故か変に感じるようになってきた、そのうち右の乳頭も。
だんだん左右両方の乳頭が痛みを感じるようになってきて、多少膨らんできたような状態。

普通乳がんの意識としては女性の病気と思いがちなんだけど、これが、ものの本によると男性にも乳がんの発生率は15パーセントあるという。これを知っていたんで、開業医にその旨を伝えて大病院を紹介して戴いた。

紹介されたところは、産業医大病院外科で、約一年半かけて種々の検査をした。
例えば、乳腺エコー・CTスキャンや、もともとふくらみのない乳部を無理やりに、上下・左右からひっぱってガラス板に挟んで撮影するマーモグラフ、その痛いこと。

でも結果的には懸念していた乳がんの恐れは完全に消えたので先ず一安心。

さて、ほかに自覚症状を聞かれて最近どうも疲れるし、体がだるいときがあると訴えて、
そこで担当医が特別な血液検査を担当部署に依頼して特別血液検査をしてくれた。
その結果、ある血液の数値が異常に高いと検査表に出た(特別検査でないと出ない)。

「最近(胃)の調子はどう?悪いことがある?」
 
「いいえ,特別にはないけれど偶に胃が痛むことはあるけど」、と答えた。

担当医が、どうも気になるので、胃カメラで一度検診して見ようということになって、胃カメラによる検診をすることになった。
もう何年振りだろう?胃カメラ検診。
あの黒いコードのようなパイプのようなものを突っ込むのは想像するだけで病気になりそう!
でも、折角の発見のチャンスだからと、気を強く持って受診OKのサインをした。
検査当日は、もう、まな板の上の鯉と一緒で観念のほか しようがない。
その結果は、一寸荒れてはいるようだが、特に気になる個所も見当たらないとのこと。

でも、特別血液検査の結果が解明されてない、このままでは終わらないことになった。

この続きは別の日にこのブログで発表します。
続きはこちら がん治療日記(その2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 がん治療日記(その1)乳がん?そして胃カメラ検診 秘密の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる