コロナ感染者との濃厚接触を通知 アプリ「COCOA」利用開始

cocoa1.jpg
新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触した疑いがある場合に通知を受けられるスマートフォン向けのアプリの利用が、19日午後、始まりました。政府は、速やかな検査や感染拡大の防止につながるとして、広く利用を呼びかけています。

cocoa2.jpg

このアプリは、「COCOA」という名称です。スマートフォンを持っている人どうしが一定の距離に近づくと、相手のデータを互いに記録し、仮に利用者が新型コロナウイルスに感染した場合は、記録された相手先に濃厚接触の疑いがあると通知する仕組みになっています。

アプリは、19日午後3時すぎから、インターネット上に公開され、スマートフォンの「アプリストア」などから、無料でダウンロードできるようになりました。

このアプリを入れた人どうしが、15分間以上、1メートル以内の距離にいると、接触した相手として記録されます。一方で、電話番号や位置情報など個人の特定につながる情報は記録されないうえ、14日間経過すると接触の情報そのものも削除されるなど、海外で導入されているものに比べて、匿名性が高いということです。

また、感染を通知するかどうかは、感染した人に委ねられ、保健所から知らされた「処理番号」を、本人がアプリに入力してはじめて、接触した人に通知されることになっています。

政府によりますと、この「処理番号」は、メールなどを通じて感染した本人にのみ知らされるため、感染者になりすまして通知するなどの悪用はできない仕組みになっているということです。

政府は、多くの人が利用することで、速やかな検査や感染拡大の防止につながるとして、広く利用を呼びかけています。

英 研究者「人口の6割がアプリ使えば感染者の減少に」

cocoa3.jpg

イギリスのオックスフォード大学の研究者は、住民100万人の町を想定してシミュレーションを行った結果、人口の6割が接触確認アプリを使えば、感染の拡大は止められ、6割に届かなかったとしても感染者の数の減少につながると推定しています。

人口の6割とはどのくらいの規模なのでしょうか。
総務省が去年行った調査では、国内でスマートフォンを保有する個人の割合は67.6%で、年々増加しているものの、およそ3人に1人はスマホを持っていないことになります。

また、スマートフォンの代表的なアプリ、LINEの利用動向から見てみますと、国内の月間の利用者はおよそ8400万人で、日本の人口の66%に当たります。

人口の6割が接触確認アプリを利用するというのは、スマホ保有者の全員に近い人たちが利用する、あるいは、LINEと同じくらい普及する必要があることになります。
<NHKニュース>より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント